2018年1月7日日曜日

1月のフランスの危険な“習慣”とは?!

今日のパリ1月7日


雨上がりの凱旋門
バス22番で凱旋門を通りかかったときの動画です。

カスタマイズできるパリ旅 
嵐で豪雨のスタートだったパリの2018年
日本の台風のように、嵐に名前が付いています。
今回の嵐は【Eleanor】エレノー
豪雨によりセーヌ川の水位は3.6mでイエローカード的な2/4レベルの警戒水位です。
この週末にはさらに水位が上昇する見込み。
2016年6月のセーヌの水位上昇を思い出します。
セーヌ川を見る人々 写真あり

この水位の上昇中で訓練中の警察官が行方不明になる事件も。

lci.fr


そして、水の事件があれば火の事件

フランスの12月31日~1月1日にかけて新年の恒例として毎年ニュースに上がるのが
燃やされた車の台数
 今年は1031台で昨年の935台からさらに上昇

francetvinfo.fr

パリに来たときから毎年毎年新年のニュースで聞いている新年に燃やされた車の台数。
そういえば、なぜ新年に車が燃やされる“慣習”が?

【なぜ、新年に車が燃やされるのか?】20minutes
①いつからの慣習?
1980~1990年の都市暴力の延長で、そのころから見られるようになった。


②大晦日に車が燃やされるのはなぜか?
なによりも遊び心
車に放火にて逃げることは簡単である。
そして若者にとって警察の目から逃れるのは簡単であるから。
主に自宅近所で犯行に及んでいる傾向がある
※特に大晦日だからというわけではなく、
7月14日のキャトーズジュイエの祝日やサッカーの大きな試合の時にも
車は燃やされていますが、特に新年は慣習的に車が燃えた台数がニュースに上がります。

③犯人のプロフィールは?
主に低所得者層の若者
そして近年移民の若者や、中級所得層の若者も犯行に及んでる
日々の不平不満を車を燃やすことにぶつけている。
さらに、この期に及んで!
詐欺で保険請求するために車を燃やすケースもふくまれているそうです!!


④ここ数年で悪化していますか?
特に大きな悪化はないですが、
ということはこの30年間フランス社会が郊外の危機や都市暴力を
解決できていないことを意味します。

荒れる新年からあっという間に1週間経ちました。
2日から通常通りの生活になているパリは日本より少し早く
日常生活が戻っています。
ちびっ子たちもノエルヴァカンスが終わり学校が始まります。
日本は3が日が終わったと思ったら、成人式の連休なのですね。

パリのように激しくなく、どうぞ落ち着いた連休をお過ごしください。
À demain
-------------------------------------------------------------------------------------
クリックして頂とランキングに点数が入ります。
★いつも応援あ。りがとうございます!★
ポチッ♪→
ポチッ♪→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
-------------------------------------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

【読者特典あり】マレ・HOTEL DE JOBO宿泊レポート

今日のパリ8月10日 パリジェンヌも思わず足を止めるフォトジェニックなエントランス ★ブログ+のパリ情報はこちらから★ 片言の日本語を話す外国人が登場する、格安ホテル・旅館 | 料金比較サイト「トリバゴ」のCMが頭から...